毒素は血液で全身に運ばれる

青汁については健康の効果と同時に美容の効果にも期待して飲み続けているという人も多いでしょう。 青汁の中には野菜の持つ栄養が豊富に含まれているので、美容についても大きな効果を期待することができます。
たとえば、青汁の中には豊富に食物繊維が含まれています。 この食物繊維は私たちの体の中を掃除してくれる働きがあり、腸内や血管内に溜まった老廃物を取り除いてくれます。 女性の中には便秘で悩んでいる人も多いですが、宿便が長い期間にわたって腸内にとどまり続けていると、悪玉菌の作用によって老廃物に含まれるタンパク質が分解され毒素をつくりだします。 この毒素は血液の流れによって全身へと運ばれ、特に肌細胞に取り込まれると吹き出物やニキビなど肌トラブルの原因となるので注意が必要です。
しかし、青汁を飲むことでしっかりと食物繊維を摂取することができれば、腸内の宿便は食物繊維によって絡め取られてスムーズに体外に排出されるようになります。 また、食物繊維は腸内善玉菌のエサになるので、善玉菌が増加します。 善玉菌が増加すると腸内は酸性に保たれるために悪玉菌の活性が弱くなり毒素が発生しにくくなります。 このように腸内環境の改善は美容にはとても大切なことなのです。
青汁には各種ビタミンも豊富に含まれています。 野菜不足になるとビタミンも不足して肌に悪影響をもたらすので、しっかりと補給しておきたいところです。 青汁に多く含まれているビタミンAは美肌にとって重要な役割を果たす栄養素です。 皮膚をみずみずしく保つためには肌のターンオーバーが正常に行われているかがカギになります。 肌細胞が傷ついたり汚れたりしても、次から次へと新しい肌細胞が生まれてきて古いものと入れ替わっていれば肌はきれいに保たれます。
しかし、ビタミンAが不足してしまうと肌細胞の活性が弱まって新しい細胞が作られなくなってしまうため、シミやソバカスなどの原因となってしまうのです。 ですから、シミやソバカスが気になる人には青汁はとても有効です。
ビタミンCも美容には欠かせない栄養素です。 特に美白のためにはビタミンCはとても重要です。 ビタミンCを十分に摂取することで肌を紫外線から守ると同時に、メラニンの生成を抑えるので肌を白く保つことができます。 また、ビタミンCにはストレスを軽減する作用もあるので、疲れや睡眠不足などの改善にも効果があります。
そして、青汁にはミネラル分も豊富です。 特に亜鉛は不足するとすぐに肌に影響が出るので注意が必要です。 亜鉛が不足すると皮膚の新陳代謝が弱まって肌荒れの原因となります。 また、亜鉛は美しい肌のために欠かせないコラーゲンをつくり出す働きがあるため、亜鉛不足はコラーゲン不足に直結します。 みずみずしい肌のためには亜鉛は欠かすことができないので青汁で補充してあげるようにしましょう。
青汁生活の実体験でサプリ漬けになりすぎないように、バランスの取れた食事をするための方法を、ブログ形式で紹介しています。青汁を始めようと思ったら参考になると思いますよ。